snapwidgetでinstagramの写真を自分のブログやサイトに設置!簡単埋め込みツールの使い方

snapwidgetでinstagramの写真を自分のブログやサイトに設置!簡単埋め込みツールの使い方

こんばんわ。taisonです。

instagramの綺麗な写真を、自分のブログやホームページで表示したい、、、
できるだけカンタンに埋め込みできるサービスが知りたい、、!

という方向けに、自分のブログやホームページに、instagramの写真を埋め込み表示するやり方をお伝えします。

今回紹介するのはカンタンお手軽にinstagramの埋め込み部品を作成できるサービス。
一覧表示とかさせちゃう見やすいレイアウトで、埋め込みが出来ちゃいます。

埋め込みウィジェット生成ツール snapwidget

実はinstagramを埋め込むwebサービスは、有料無料問わず色々ありまして。
その中でも今回は、無料で使える埋め込みウィジェット作成サービスsnapwidgetの使い方を説明します。

snapwidget公式サイト

さっきからウィジェットウィジェット言ってますが、ウィジェットというのは、いわゆるブログパーツにあたるモノです。
web上でカンタンに設置できる部品を作り出す。という事ですね。
(ブログ使用している人には馴染みがあるかと思います。)

で、このウィジェットをあっけに取られるほどカンタンに作成できるのが、このsnapwidget。
特に込み入った説明もいらないので、早速使ってみましょう。

snapwidgetで埋め込みウィジェットを作る

公式サイトに進み、まずはサインアップ。画面右上にサインアップという文字があるので、ここからアカウントの登録をかけていきましょう。

スナップウィジェットログイン

これをクリックすると下記画面が登場します。

スナップウィジェットサインアップ画面

新規登録かFACEBOOKアカウントでサインアップ。

サインアップ後、ログインが完了すると、次の画面が登場します。

スナップウィジェット作成画面

まずは無料で使用するので、CREATE YOURE FREE WIDGETと書かれた部分をクリックして下さい。
(赤枠で囲まれているところどっちでもいいです)

出てきた画面が待望のウィジェット作成画面になりますね。

スナップウィジェット管理画面

ここまできたらもう楽勝です。片手で操作してもすぐ終わりますよ。
いちおうカンタンに機能説明。

snapwidget項目説明

て感じです。各項目を入力しようとすると、インスタグラムのログイン画面が出るので、自分のアカウントでサインインして下さい。
(ログイン情報入力後に登場するAccess your basice informationて書かれてる画面が出てきたら、緑のAuthorizeボタンを押せばOK)
これらの項目が設定できたら、1回PREVIEWしてみましょう。

表示に問題がなければ、GET WIDGETボタンを押して、コードをゲット。
ゲットしたコードを、ブログやホームページ内の表示させたい部分に貼り付ければOKです。

補足

ResposiveをnoにするとなぜかPREVIEWで画質が悪くなりました。
が、実際貼り付けたら問題なかったので、PREVIEW上の表示不具合ですかね。

また、これは未検証なんですが、Responsiveをyesにした時、コードにひっついてくるjavascriptが使えない状況下にあると、
写真表示領域の高さに不具合が発生するかも。
(自分のデスクトップ上で埋め込み、表示したら下段の画像が半分くらい切れちゃいました)
iframeの高さ調整をjavascriptでやってるんでしょうか、、、また後日検証してみたいと思います。

snapwidgetは使い方によってプランを選べます

上記では無料プランの場合で説明しましたが、snapwidgetは合計で4つの料金プランがあります。
使い方次第でさまざまなプランが選べるわけです。

もし、「無料で使える機能だと物足りない!」とか、「店舗や企業のブランドイメージを押し出したい!」なんて場合には、有料プランを検討してみるのもひとつですかね。

カンタンにプラン内容を並べておきますので、申し込みの時に参考にしてください。

フリー(無料)
  • 基本自分管理の投稿をまとめて表示できる
  • 表示した画像をクリックした時はsnapwidget上のページにリンクされる
  • ユーザー名で写真の取得が可能
有料プラン
以下は有料プランです。下記3つの有料プランができることはほとんど一緒。
共通機能としてはフリープランの機能に加え、

  • ハッシュタグでの写真取得が可能
  • 表示画像クリックで該当SNSのアカウントページへ移動
  • 多機能版ウィジェット(prowidget)が使える
    ※作成できる数はプランによって変動
  • 顧客のアカウントを認証・使用する機能
    (WEB制作などの場合に使用)
  • CSSでデザインカスタマイズ可能
  • 商品画像などに購入リンクを設定することが可能

無料版に比べて、より販促向けの仕様になった感じですね。
個別の機能としては、

ライト(月6ドル)
prowidget 1件
プロ(月10ドル)
  • ハッシュタグキャンペーン用のウィジェット作成
  • prowidget 20件
デベロッパー(開発者向け)(月50ドル)
  • ハッシュタグキャンペーン用のウィジェット作成
  • prowidget 無制限

無料プラン以外はほとんど企業や店舗での活用が主になりそうですね。
ただし、無料プランは画像表示ページに広告が付くので、それが嫌な人はliteプランを申し込み推奨。

一工夫してイメージに合ったウィジェットを作成しましょう

ブランドイメージの構築や商品紹介など、さまざまな用途で使える機能が揃ったsnapwidget。
無料版で出来ることは限られますが、それでも十分な機能を備えているナイスガイです。

ウィジェットサービスについては、マーケティングを支援してくれるサービスもあったりします。
最終的には目的・使い方に合ったサービスを自分で選んでいきましょう。

ここまできて「埋め込みにウィジェットサービスなんか使わねー!」っていう剛の人は、使わずやる方法もあるので、調べてみて下さい 笑

それではまた!

こちらの記事も読まれています

店舗や個人で運用しているinstagramの写真をホームページやブログに埋め込む方法... こんばんわ。taisonです。 今日はちょっと趣向を変えて、SNSでおなじみのinstagramについて記事を書いていきます。 何で急にインスタ!?って話なんですが、いちおきっかけがあります。 わたくし最近ちょこちょこ飼ってるウサギの写真をinstagramにUPしてるんですが、 「いろ...
snapwidgetでinstagramの写真を自分のブログやサイトに設置!簡単埋め込みツールの使い... こんばんわ。taisonです。 「instagramの綺麗な写真を、自分のブログやホームページで表示したい、、、」 「できるだけカンタンに埋め込みできるサービスが知りたい、、!」 という方向けに、自分のブログやホームページに、instagramの写真を埋め込み表示するやり方をお伝えしま...

SNSカテゴリの最新記事