Windows8.1にgit for Windowsを導入してgithubに爪痕を残す

Windows8.1にgit for Windowsを導入してgithubに爪痕を残す

こんばんはtaisonです。

先日PCの調子が悪くなりまして、どうにもこうにも動かなくなったもんだから、

そろそろリフレッシュするかぁ

と、安易にパソコンのリフレッシュをしました。するとどうでしょう。

gitやらnode.jsやら綺麗さっぱり消えてるではありませんか!

まぁ、いいですよ。

node.jsもバージョン管理できるようにしたかったし。gitも使ってなかったし、、、

で、今回はブログを運営していくなかで使うことが増えるであろうgitを再構築し、githubを使えるようにしたいと思います。

githubを使うまでにWindows8.1でやること

さて、ますgithubというのは、ソースコードが共有できるウェブサービスです。あくまで共有サービスなので、これでコードの管理をしていく訳ではありません。実際にコード管理をするのは、gitというコードの物流センターのようなもので管理をしていきます。

で、このgit。使い始めるまでにいくつかやることがあるので、以下にまとめてみました。

Git for Windowsをインストール

macだと付属されてるのでインストールする必要なし。(うらやましい)

Git for Windows

リンク先の「Download」ボタンを押して、指示に従ってインストールを始めていきます。

基本変更なしでnext…でok。

進めていくと以下の画面にたどり着きます。

gitインストールイメージ

選択はこんな感じ。

一番上はショートカットをデスクトップに出したい場合はチェックしてください。

選択が完了したら、またnextで進めていきます。

select star menu folderはそのままで進んで、次にこちらの画面。

gitインストールイメージ2

こんな感じ。

終わったらnext。

Choosing HTTPS〜という所はOpenSSLでok

企業内で使う場合は要相談。詳しい人に。

次にconfiguringなんたら〜てのが出てきますが、これはgitがお手伝いしますよー。改行とか最適化しますよー。という項目なのですが、
めんどくさいので一番下の何もしない。を選びましょう。

gitインストールイメージ3

で、next。

次にコンソール(コマンドうつとこ)を選択するんですが、これもUse MinTTYでok

最後にextra optionsの設定。

これは一番下だけチェックせず、installボタンを押す。

これでインストールは完了です。

gitの環境設定

残る大枠は二つ。

自分を明示するコンフィグ設定(プロフィール的なもの)

公開鍵(open ssl)の設定

これが終わればひとまず完了です。

まずはコンフィグ設定ですが、先ほどインストールしたgit bushを立ち上げて、以下のように入力します。


$ git config --global user.name "半角英数でユーザー名(任意)"
$ git config --global user.email "半角英数でメールアドレス"
$ git config --global core.quotepath false

上から順にユーザー名、メールアドレスを入力し、最後は文字化け対策
これでコンフィグ設定は完了です。

終わったら今度はgit guiを立ち上げてhelpのShow SSH Keyを選択。

Generate Keyでパスフレーズを2回入力して完了です。

ちなみにここで出てる文字の羅列最後尾にユーザー名が入ってますが、そのユーザーのフォルダに.sshと.configが出来ているはずです。
心配であればご確認ください。

これで完了!(意外と長かった、、、!)

インストールしたらgitを活用してソースコードの管理を始めよう

以前はまったく使ってなかったから、今度こそ使い倒してやりたいと思いますよ。

コードの管理もキレイになりそうだし。

普段作った使い回しのcssとか、そこら中に散らばってたから助かりますよホント。

ちなみに今回参考にさせて頂いた記事は下記になります。
私家版 Git For Windowsのインストール手順

情報量がとにかくすごい、、!

上で書いた以外にも色んな役立ち情報量さが載っているので、気になる方は見てみてください。

だったら先そっち紹介しろよって話なんだけど、まぁ自分が解釈しないとどこがいいかも、、分からないしね 汗

それではまた!

制作に役立つカテゴリの最新記事